注文住宅で使われる自然素材メインイメージ

自然素材の家が人気です

住宅業界にも流行というものがあります。最近の傾向としては「自然素材の家」と呼ばれる、天然由来の素材を使用して建てられる住宅が 大変注目されています。
「自然素材の家」なんて、なんだかヘルシーで美味しそうな名前ですが(笑)、美味しいは別として、ヘルシーなのは本当なんですよ。
なぜそんなに自然素材の家が人気を集めているのかというと、シックハウス症候群やアトピーなど、アレルギー症状を持つ人が 安全に暮らせるからなんです。通常の住宅だと、建材に化学性物質を含んだものを利用します。 それだと、科学性物質に反応して痒みや息苦しさなどのアレルギー反応を起こしてしまう可能性があり、せっかくマイホームを建てたのに、 そこで生活できないという悲しい結果になってしまいます。
自然素材を使った家は、化学性物質を使用せず、天然素材のみを使用しますので、そういった心配がなくなります。 アレルギー体質の方が安心して心地良く暮らせる家を建てられます。
では、住宅業界で自然素材と呼ばれるものには、どんなものがあるのでしょうか。
当サイトでは、自然素材の中でも代表的なものをピックアップして、どんな材料で、住宅のどのような部分に使われているのかを 紹介して行こうと思います。
家を新築しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

株式会社小林木材 | 岡崎市の工務店
化学物質を使わない注文住宅を完全オリジナルで施工。
愛知県岡崎市柱6-1-1 お問合せTEL.0564-51-4731
※社長の自宅がモデルハウスになっています。
http://www.kobamoku.com/
  • 無垢材

    注文住宅で使いたがる人の多い自然素材ですが、人気の秘密は化学化合物など人間にとって有害な成分が含まれていない点でしょう。 中でも無垢材はバツグンの安定感があり、人目に触れる場所にはぜひ使用したいとリクエストも多い建材となっています。 自然素材の無垢材ですが木に詳しくない人はどんなものかいまいち理解していないかもしれないので、ここで簡単に解説しようと思います。 大自然の魅力がギッシリ詰まっているので、住宅だけではなくダイニングテーブルなどの家具にも利用される頻度は高いです。

    無垢材

  • コルク材

    自然素材の住宅を設計するのならコルク材のことも思い出してあげて下さい。 ワイン愛好家ならどのような材質なのかよく知っているでしょうが、それ以外の方はめったに出会うことのないコルク材なので、どんな質感なのか、 建材として優れている点はあるのかなど、疑問が尽きることはないでしょう。 勧められたはいいけどコルク材のメリットがわからない、そんな方も多いでしょうから丁寧に説明してあげましょう。 無害である、有害物質を吐き出しそうもないということはワインの栓に使われていることが実証しています。

    コルク材

  • セルロースファイバー

    住宅内部を快適な空間にするために必要なことのひとつに断熱と保温があります。 どんなにオシャレなインテリアを揃えても、庭に立派なエクステリアを構えても、建物の中で生活するのが不便と感じるようではその住宅は満点にはなりません。 住宅の性能を決める大きな要因の断熱性能は、木造注文住宅でもデザイナーズマンションでもそれなりでなければ住民を納得させることはできません。 ここでは有能な断熱材と評判の高いセルロースファイバーについてのお話をしようと思いますので、ぜひとも聞いてやってください。

    セルロースファイバー